読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

whitecanvas’s blog (note to self)

output for better understanding

(note to self)Angry Asian Restaurant Prank Call_英語の発音について

この前、英語で雑談をし終わったあとに、ふと自分がジョークを言う際は発音をインド人風にしていることに気付いた。

たぶん、これはインド映画を昔見たときに、セリフが英語で話されてて、インド人の英語のイントネーションが冗談をいうシーンにフィットしてると考えたからだと思う。個人的には凄く真面目に驚いていることを表すリアクションにフィットしてると思ってる。(嘘だろ?ってリアクション)

 

で、それに気づいた後にyoutubeでインド人のイントネーションを検索して、色々サーフィンしてたんだけど、下のビデオを見つけてかなりツボった。

 

Angry Asian Restaurant Prank Call (ANIMATED) - Ownage Pranks - YouTube 

 

そのあと、色々な国の人の英語のしゃべり方のビデオも見たんだけど、やっぱりしゃべり方って内容と同等にかなり重要だなって思った。しゃべり方が違うだけで、表現がウィットに富んでて、リズミカルなだけで、かなり面白さが変わる。

 

話は変わるけど、下記は上のビデオで学んだ内容。

 

I come with two chopsticks, I shove up your ass
I shove fortune cookie up your ass
why you hang up on me today
lick some boody(音的に面白い)

 

「shove it up your ass」って表現は「くそくらえ」って意味なんだけど、それをtwo chopsticks だったり、fortune cookieでアレンジしてるところがおもしろかった。